1.サンクがやってきた


■サンクとの出会い・・・2002年2月

ぜったい無理だとは思っていたのですが・・・
X4とお別れすることが決まり、ぱぱさんは俄然張り切り出しました。(あぁ、やっぱり・・・)1台減ったからって、次を探す必要性なんか全くないのです!(と言うより減らしたいんだってば)ぱぱさんが最初にやったことは、秘密の書類の取り寄せ。なかなか見せてくれませんでしたが、やっと見せてもらうと、そこにはクリオウイリアムズの見積書200万・・・『問題外!!!』と即座に
却下。次は個人売買のとある車の視察。やはりこれも今更と言うことで却下。そこでぱぱさんは、値段の勝負に出てきました。そしてついに某オークションで落札したのがこれ。縦サンクです。これは、あっと言うまでした。だってね、ネット上でぽちってするだけでしょ?私があっけにとられているうちに入札されちゃったの・・・そして落札。どうなることやら・・・

■サンクの引き取り

さて、あとはとても早いのです。サンクは埼玉にありました。引取日は16日。あ、この日はお子さま学校があるよ。というわけで私はお子さまとともにお留守番が決定しました。じゃ、助っ人を捜さなきゃ。と、こういう時はいんでんさんでしょ。すぐに決定。(いつもありがと〜)エスパスで埼玉まで向かうことになりました。

ところで今回は事前に車を見てません。オークションの写真を見る限りでは、さびはかなりありそうだし、ドアもへこんでるみたい・・・機関良好とは書いてあるけれど、どこまで信用できるのだろうか。しかも、今回は無謀にも帰りは自走の予定なのだ。大丈夫かなぁ・・・

今回引き取る予定のサンクは、年末までは車検があった車だそうです。でなければ、こんな無茶はできないよね〜。でも、くれぐれも無理をしないようにね〜。

さて、途中何度か連絡もありました。そしてサンクに乗って・・・ぱぱさんから興奮の連絡。『これいい!!!』どうやらぱぱさんめちゃくちゃ気に入った様子です。『車の調子もすこぶるよいよ〜。』これは楽しみです。どんな子なんでしょ?高速走行も問題なく、走ってやってきました。

夜9時頃、にうちにつきました。真っ暗だったので、よくわからない・・・でもさっそく、ご近所を1周してきました。やはりとことこと・・・ん?もすこしなめらかに走ります。これは癒し系でいいかもしれません。ぱぱさんもニコニコです。屋根も開くし。


さて、次の日、17日。日曜日です。マフラーがちょこっと穴が開いています。高速走行中、だんだん音が大きくなっていったそう・・・。今日まで、仮ナンバーを申請してあるので、今日中に岡崎で直してしまいたいところです。そこで、溶接で穴をふさごうと試みました。でもさびていると、溶接すると穴がどんどん広がっちゃうんです。予想はしていたのですが、やはり・・・がっくり。穴の開いている部分はまっすぐのところだったのでパイプを切り足しして穴をふさぐ作戦に変更です。マフラーを切断。うまくいかないときは・・・不動車になっちゃう・・・ぱぱがんばれ〜。ぱぱさんも『今日はほかにもやりたいことがあったのに・・・こんなに手こずるなんて・・・』と少し焦り気味。

さて、そんなで悪戦苦闘しているところにお客様がみえました。Fさんご夫妻。私はまだお会いしたことがなかったのですが、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。Fさんは、雨のため、本日予定していた車いじりを断念。次回は一緒?に車(本命は別)いじりしましょうね。サンクもかわいいでしょ?Fさんもいかが?

さて、マフラーですが。その後、無事つきました。不動車にならなくてすみました。よかった。オイルも替えてあげました。ところで、今日の作業でわかったこと。この子、めちゃくちゃかわいがってもらっていたようです。エンジンなんかとてもきれい。足回りもかなりきれいなんです。古い車だから、どろどろになっているかも・・・なんて思ったのですが、全くそんなところがないんです。ショックは新しい物に替えてあるし、タイヤも新しそうです。クラッチのケーブルなども最近替えたと思われます。新しいの。記録簿には初代オーナーからの整備記録がちゃんと残っているし。ミッションオイルも替えるのもったいなかった!と思うぐらいきれいだったんだって。きっとかなりかちっと仕上がるのでは・・・すごく楽しみです。ん〜ドアだけかなぁ・・・ちょこっとさびがひどいところがあるのです。

なんにしろ、車検とるまで、少しお休みだけど、我慢してね。そのうちお財布の許す範囲で、きれいにしてあげるからね。

■たてサンクのこと

さて、今回のサンク君ですが、初年度登録が昭和58年。およそ20年前の車です。(もう平成14年なんだね〜おばさんになったなぁ・・・)シュペールじゃない、通称縦サンクです。最初何で『たて』かわかりませんでした。エンジンが縦置き。でもね。それ聞いてもあまりぴんとこなかったのだよ。そうなの?って感じでした。でもエンジンルームをのぞくと明らかに違う風景。あららちがうね。たしかにちがう。同じサンクと名前が付いているのに、シュペール(ちなみにシュペールの意味も知らなかったぞ!最近まで。superです)サンクとは全く違うようです。車の作りはかなりキャトルなんだそうです。そっくりなんだって。ぱぱも驚いていました。さて、もう一つ。今回ままさんがぱぱの暴走をあきらめた要因の一つ。たてサンクは左右のホイールベースの長さが違うのだそうです。なぜ長さを左右で変えちゃったのかしら?そんなんで、ちゃんと走るのかしら?ほら、こんなのぱぱさん大好きなのよ。新しい機構とか、挑戦的な設計とか。そんなの大好きなんです。ほらほら、うちに来るのは仕方がないなぁって思いません?

うちにきたサンクはGTL。ごく普通のグレードのようです。3ドア。キャンパストップ付き。色は赤で、ポイントポイントに白いラインがはいっているのがとてもかわいい感じ。(白はネズミ色って感じになっちゃっているけど)内装はベージュかな?で、キャンパストップの色は同じようなベージュなんですけど、これって、黒があせたの?元からこの色?シートはままさんかなりがんばりがいがある感じです。シートカバー何色にしようかな〜

inserted by FC2 system